ページの先頭です。

メインメニューへ移動します。

本文へ移動します。

フッターへ移動します。

本文です。

乳児・幼児

赤ちゃんが生まれたら

出生届の提出と児童手当の申請をしましょう。

出生届は、住所地か本籍地または出生地の役所へ、子どもが生まれた日を含めて14日以内に提出しましょう。住所地が松山市の方には出生届を提出すると、「赤ちゃんセット」を配布しています。

赤ちゃんセット配布の詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])

児童手当は、原則、申請手続きを行った日の翌月分から支給開始となります。出生届と同じタイミングで、児童手当の申請もしましょう。手続きが遅れると、遅れた月分の手当を受けられなくなります。なお、公務員の方については、職場への申請が必要です。

【出生届提出の際に必要なもの】
  • 印鑑
  • 出生届(医療機関などで出生証明書を記載してもらったもの)
  • 母子健康手帳
【児童手当申請の際に必要なもの】
  • 印鑑
  • 請求者名義の預金通帳など、口座情報がわかるもの
  • 厚生・共済年金に加入している方は、請求者の健康保険証 など

※印鑑は、朱肉を使うものを御用意ください。

出生届に伴う主な手続きの詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])

児童手当の詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])

健康保険に加入しましょう。

国民健康保険に加入されている方が出産したら、国民健康保険への加入手続きが必要です。子どもが生まれた日から14日以内に手続きをしましょう。
国民健康保険以外の健康保険に加入されている方は、加入されている健康保険になります。詳しくは、勤務先または各健康保険へお問い合わせください。

出生届に伴う主な手続きの詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])

乳幼児医療費受給資格証を申請しましょう。

医療機関で子どもの健康保険証と受給資格証を提示することで助成が受けられます。 子どもの健康保険証ができたら、早めに申請しましょう。

【申請の際に必要なもの】
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 子どもの健康保険証
  • 窓口に来られる方の本人確認ができるもの

子ども医療費助成(乳幼児)の詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])

赤ちゃんの健康のために

予防接種を受けましょう。

「赤ちゃんセット」で受け取った「予防接種手帳」を使って予防接種を受けることができます。説明をよく読んで、理解した上で、委託医療機関で必ず予約をして接種してください。

【予防接種時に持っていくもの】
  • 母子健康手帳
  • 予防接種手帳(予防接種券・予診票)

子どもの定期予防接種の詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])

月齢別保健サービスを受けましょう。

成長発達の著しい乳幼児期の健康状態を知ることは、発達上の病気のサインを見逃さないためにも大切です。各サービスを利用して、子どもの健やかな発育、発達を見守りましょう。

月齢別保健サービス一覧表
名称 対象 詳細
赤ちゃん相談 対象生後2~11カ月 詳細 詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])
こんにちは赤ちゃん訪問 対象生後4カ月未満の乳児がいるすべての家庭 詳細 詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])
子どものための歯科相談 対象生後6カ月~4歳未満 詳細 詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])
乳児一般健康診査
※乳児一般健康診査受診票を使用して、
2回無料で受診可能。
対象生後3~4カ月
生後9~10カ月
詳細 詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])
1歳6カ月児健康診査
※無料
対象1歳6カ月~2歳未満 詳細 詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])
3歳児健康診査
※無料
対象3~4歳未満 詳細 詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])

保健サービスを利用しましょう。

正しい情報や知識を学び、安心して日々の生活が送れるように支援します。

保健サービス一覧表
名称 対象 詳細
子どもの食物アレルギー講座
※無料
市民 詳細 詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])

心配事があったら、専門員に相談しましょう。

松山市には子育てを応援するさまざまな施設や交流の場があります。上手に利用して、子育ての悩みを解消していきましょう。

相談窓口ページ(子育てに関すること)はこちら

子どもを預けるには

子どもを預けたい事情は、家庭ごとに違いますが、まずは子どもの「年齢」と預けたい「時間」をもとに保育施設または教育施設を選択するのがよいと思います。 子どもが過ごしやすい環境を見つけましょう。

施設などの利用を希望する保護者の方は、利用のための認定が必要です。

松山市内の幼児期の学校教育や乳幼児の保育についての詳細はこちら(外部リンク「松山市ホームページ」)

保育施設

認可保育所、認証保育所、地域保育所が該当します。

保育施設についての詳細はこちら

教育施設

幼稚園が該当します。

幼稚園についての詳細はこちら

私立幼稚園就園奨励費補助についての詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])

認定こども園

保育施設と教育施設の両方の機能を合わせ持つ施設です。就学前の子どもに関する教育、保育や地域で子育て支援を総合的に提供する機能を備え、県が定めた認定基準を満たした施設として県知事から認定を受けている施設です。

認定こども園についての詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])

地域型保育

地域型保育は、0~2歳のお子さんを少人数でお預かりし、家庭的にきめ細やかな保育を行う事業です。

地域型保育についての詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])

まつやまファミリー・サポート・センター

子育ての「お手伝いをしてほしい人」と「お手伝いしたい人」が会員となり、地域で子育てを支援するための組織です。対象は、6カ月から小学6年生までです。 松山市では、利用料の一部を助成しています。

利用料金
700~900円/時間
利用例
  • 保育所、幼稚園、児童クラブの送り迎え
  • 病児・病後児の預かり(ただし初回受診済みに限る)
  • 日曜日・祝日などの預かり など

まつやまファミリー・サポート・センターの詳細はこちら(外部リンク)

イクじぃ・ばあばママサービス

松山市シルバー人材センターの会員が、育児や産前・産後のお手伝い(家事援助等)をします。対象は、おおむね1歳~小学3年生までです。利用を希望される方は、5日前(土曜日・日曜日を除く)までにお問い合わせください。
松山市では、利用料の一部を助成しています。

利用料金
835~1,100円/時間

イクじい・ばあばママサービスの詳細はこちら(外部リンク)

子育て短期支援事業

保護者の病気などの理由で、家庭で児童を養育することが一時的に困難となった場合に、有料で市内の児童養護施設に連続7日まで預けることができます。

子育て短期支援事業の詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])

病児・病後児保育

病気の子どもを、保護者の仕事などの都合により家庭で看ることができない場合に、医療機関の専門スペースで一時的に預かっています。

病児・病後児保育事業の詳細はこちら(外部リンク[松山市ホームページ])

交流の場

子育てや安心安全に関する情報の配信サービスを利用しましょう

MACネットCSC(マックネットシーエスシー)

子どもたちの健全育成を目的に開発された情報配信システムです。
「子育て支援情報」カテゴリに登録すると、子どもの成長(月齢)に合わせた子育て支援情報が届きます。
また、「安心安全情報」カテゴリに登録することもできます。

松山市行政情報

【子育て支援】各種検診案内、パパママ教室、子育て相談など
【安心安全】不審者情報、地震・気象・防災情報など

民間情報

子育てイベント情報、その他サポート情報

※一部の幼稚園や保育園で、各園単位のお知らせを受取ることができます。詳しくは各園にお問合せください。

MACネットCSC(マックネットシーエスシー)の詳細はこちら(外部リンク)

このページの一番上へ