ページの先頭です。

メインメニューへ移動します。

本文へ移動します。

フッターへ移動します。

本文です。

カンガエルーレポート

番町ハロウィンパーティー@おばけの館

2018年10月28日日曜日、番町公民館で「番町ハロウィンパーティー@おばけの館」が行われ、たくさんの子どもたちが参加しました。

「番町ハロウィンパーティー@おばけの館」は、2017年に松山市公民館連絡協議会の主事部会が若者世代の公民館への参加について、大学生にアンケート調査を実施し、若者への公民館利用を増やすことを目的に実践したモデル事業です。昼の部ではハロウィンを楽しんでもらおうと小学生以下を対象に開催しました。

会場となった番町公民館には、魔女やゾンビ、アニメのキャラクターなどに仮装した子どもたちが大集合。公民館の入り口や館内のあちらこちらにハロウィンの飾り付けがされており、イベントをさらに盛り上げていました。

まずは受付

番町公民館の入り口には、カボチャの木やオバケが飾り付けされ、訪れた子どもたちはワクワク。受付でハロウィン仮装行列の店舗マップなどをもらい、会場に入っていきます。

番町公民館の入り口 カボチャの飾り 番町ハロウィンパーティー@おばけの館

「ブルーマン」のパフォーマー アダム・エドッシーさんによるパフォーマンス『ハロウィンを楽しもう』

世界的なパフォーマンス集団「ブルーマン」のパフォーマー アダム・エドッシーさんによるパフォーマンスは、事前予約制で定員オーバーの申し込みがあり大人気。幼児~小学1年生を対象とした部と小学2~6年生を対象とした部の2部構成で行われました。部屋の中央に置かれた棺桶の中からのアダムさんが変装した博士が登場すると、会場は大盛り上がり。子どもたちに「ハロウィンって何か知っている?」などといった質問をしながら、ハロウィンの由来や楽しみ方を勉強しました。また、ゾンビのマネをしたり、マシュマロを口でキャッチしたりするパフォーマンスで、子どもたちを釘付けにしていました。

「ブルーマン」のパフォーマー アダム・エドッシーさんによるパフォーマンス1 「ブルーマン」のパフォーマー アダム・エドッシーさんによるパフォーマンス2 「ブルーマン」のパフォーマー アダム・エドッシーさんによるパフォーマンス3

「ブルーマン」のパフォーマー アダム・エドッシーさんによるパフォーマンス4 「ブルーマン」のパフォーマー アダム・エドッシーさんによるパフォーマンス5 「ブルーマン」のパフォーマー アダム・エドッシーさんによるパフォーマンス6

フェイスペイントと衣装作りで、仮装を楽しもう

フェイスペイント体験では、専用の絵の具で顔や手に模様やイラストを描いたり、メイクアップシールやタトゥーシールを貼ったりして、ハロウィンメイクにチャレンジしました。
また、ハロウィン衣装作りでは、カボチャやオバケのシールを、マントや帽子などに貼って、自分好みにデコレーション。それぞれの個性がでた、かわいい衣装が完成しました。

フェイスペイント体験の様子1 フェイスペイント体験の様子2 ハロウィン衣装作り

人気のお化け屋敷とフォトスポット

お化け屋敷はとても人気で、長い行列ができていました。お化け屋敷を出た子どもたちは、「とても怖かったね。」などと話していました。
フォトスポットには、3つの写真撮影コーナーが用意されていました。それぞれの飾りの前でハイポーズ!みきゃんとダークみきゃんも参加し、一緒に写真撮影を楽しみました。

お化け屋敷の行列 お化け屋敷のフォトスポット1 みきゃんとダークみきゃんと写真撮影

合言葉は「番町ハロウィンパーティー」で、お菓子をゲット!

番町公民館内でのイベントを楽しんだ子どもたち。次は、仮装したまま屋外に出て、大街道と銀天街の中を仮装行列。受付でもらっていたハロウィン仮装行列の店舗マップを見ながら、お菓子が用意されている3店舗をまわり、それぞれの店舗にいる公民館のスタッフに合言葉の「番町ハロウィンパーティー」を言って、お菓子をもらいました。お菓子をもらった後は、店舗マップにスタンプを押してもらい、スタンプを集めていました。

大街道と銀天街を仮装行列1 大街道と銀天街を仮装行列2 大街道と銀天街を仮装行列5

主催者から

奥村 嘉章さん

松山市地域学習振興課
番町公民館
主任 奥村 嘉章さん

今回のイベントは「若者世代に公民館を知って、利用してもらいたい。」という想いで、初めて開催しましたが、昼の部では多くの子どもたちに参加いただき、楽しんでくれている様子をうれしく思います。
松山市公民館連絡協議会でこのハロウィンイベントを企画し、市内中心部にあることや、番町公民館の古い建物を活かすという考えのもとで、この番町公民館が会場に選ばれました。公民館スタッフやボランティアの大学生による準備は大変でしたが、これだけみなさんに楽しんでいただけると、イベントを開催して良かったと思います。
これからも、さまざまなイベントを企画していきたいと思っていますので、これをきっかけに、子どもたちや若い世代の方にも、公民館に足を運んでいただければうれしいです。

参加者インタビュー

4歳と7歳のお子さん

4歳と7歳のお子さん

ここで買った衣装にかぼちゃやおばけなどのシールを貼ったりして、とても楽しかったです。でも、お化け屋敷はこわかったです。今からお菓子をもらいに行くので、楽しみです。

4歳と6歳のお子さん

4歳と6歳のお子さん

いっぱいかわいいシールやイヤリングなどもあったので、うれしかったです。自分でペイントして楽しかったです。またお菓子ももらえるので、楽しみです。

6歳と9歳のお子さん

6歳と9歳のお子さん

ペイントや帽子などで、海賊に仮装しました。シールやペイントができるなど、いろいろあって良かったです。それに、お化け屋敷も楽しかったです。2か所でお菓子をもらったので、最後のお菓子をもらいに行ってきます。

小学3年生と4年生のお子さん

小学3年生と4年生のお子さん

ハロウィンのことは学校で聞いたりして、だいたいのことは知っていたけど、博士の話を聞いてより知ることができました。棺桶から博士が出てきて、びっくりしました。ペイントなども楽しかったです。

このページの一番上へ